supplement

食事からはとりきれない栄養素を補うことができるのが、サプリメントのメリットです。

充分な食事量がとれる若い世代なら、サプリメントによる栄養補給はそれほど必要ではありませんが、食事量が減ってくる60代以降は、サプリメントで不足しがちな栄養素を補うことを考えてもよいでしょう。

ただし、サプリメントをのんでいるからと食事をおるぞかにするのは厳禁です。認知症予防のために積極的にとりたいのは、複数のビタミン類やミネラル類を含む「マルチビタミン」や「マルチミネラル」です。

体内で日々発生している活性酸素によって、全身の細胞や血管は傷つき、老化しますが、活性酸素を無害化して、細胞や血管のダメージを修復するためには、抗酸化作用のあるビタミンが必須です。

また、ミネラルは、全身の細胞のエネルギーであるATP(アデノシン三リン酸)の産生を促進するので、脳のエネルギー不足を防ぎます。

強い抗酸化作用があり、脳の働きをよくするEPAやDHAもサプリメントで補うことができます。魚が苦手な人、魚の調理が面倒になってきた人にはおすすめです。

とりたい成分1 マルチビタミン・ミネラル
食材中のビタミン類やミネラル類の中には、熱に弱いものや水に溶けやすいものもあるが、サプリメントなら効率的にとれる。

とりたい成分2 EPA・DHA
動脈硬化を防ぎ、脳の神経伝達をスムーズにする栄養素。[フィッシュオイル]という名で販売されているものもある。

とりたい成分3 カルシウム
不足すると骨粗しょう症を招き、活動性が低下。すると脳への刺激が減り、認知症のリスクが高まる。女性は特に不足しやすい。


またDHA・EPAをフィッシュオイルより補えると注目を集めているのが、南極オキアミから抽出した『クリルオイル』です。 クリル〔Krill〕とは。オキアミのことを捐す英語で、見た目がエビに似たプランクトンの一種。

クリルオイルのDHAの吸収率は青魚由来の約3倍だから、効率よく体内で利用されます。

健康食品大国アメリカで、『クリルオイル』は魚由来のDHAより新しい健康素材として評価の高いサプリメントなのです。

>>クリルオイルはこちら