image_17

「魚を食べると頭がよくなる」とはいろんなところで聞きますが、魚に豊富に含まれる脂肪のDHA(ドコサヘキサエン酸)は、実際に私たちの脳にも非常に多く含まれていて、記憶力や学習能力に大きな影響を与えています。

最近は、認知症の予防効果の点でも注目の的いろいろな魚の料理を覚えて、毎日おいしく、脳をパワーアップ。

魚で脳カアップする3つのポイント

脂肪を逃がさない食べ方で
DHAなどの脂肪を効率よくとるには、そのまま刺し身で食べるほか、蒸し焼きや煮魚、スープなどにして、煮汁に溶け出た分も残さずとるようにしましょう。

脂ののった魚を選ぶ
健脳成分のDHAや、体内でDHAに変化するEPA (エイコサペンタエン酸)は、ぶり、いわし、さば、きんき、たち魚など、脂ののった魚に豊富です。

たっぷりの野菜を合わせる
魚の脂肪は酸化しやすいため、ビタミンなどの抗酸化成分を豊富に含む野菜を、いっしょにとるのがおすすめ。とくに色の濃い野菜は、抗酸化パワー大です。